棺をまたいで漕ぎまくれ
■更新頻度低迷中
■でもなんだかんだ続けている
■幸せ
■ヘビ柄
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ / - / - / - /
コスタリカ旅行3
 2013.4.15

この日はモンテベルデで遊び倒すの巻。
朝7:00から朝食もそこそこに、まずは自然保護区ツアーへ。
涼しくて、からっと晴れており気持ちがいい。
鬱蒼とした雲霧林のイメージだけど、緑のエキスてんこもりで空気が気持ちよかったなあ。


仏壇虫


こんなメタリックな虫がいる。勝手に仏壇虫と呼んでいた。なんだろうな、コガネムシの仲間かな。結構でかいんだよ。アイフォンくらい。嘘。その半分くらいかな。
ここなんかあれよ、トレイルの入り口のベンチだからね。森に入る前にもうこんな状態。あとはハチドリがわんさかわんさか。

フクロウのフリをする

あとねーこんな感じで、フクロウに擬態する蛾とかね。
擬態モノは結構テンション上がるよねー。

この森はケツァールなんかも見られるらしいけど、率はあんま高くないみたい。
声だけは聴いたよ。
3時間ほど堪能してから一旦ホテルへー。

次のキャノピーツアーまでは時間があるので、ホテル周辺を散策。
スーパー見つけて、お土産買ったりアイス食べたりお水買ったり。地元のスーパーってなんであんな楽しいのかね。
あと近くのイートイン可能なベーカリーへ。
この時間からじりじり暑くなってくる。

午後1:30からキャノピーツアーへ。
キャノピーってのは、まあアクティビティですね。森から森をワイヤーが張られてあって、そこをハーネス着用、滑車でぶらさがり、物凄いスピードで滑空する。


こんな感じ。


これがまー楽しいがしんどい。めちゃしんどい。
こういうポイントがいくつもあって、ポイントに到着→滑空→次のポイントまで徒歩というのをまあいくつもくりかえす。この徒歩部分が結構えげつない。
最早トレッキング。私なんか小柄だから、ハーネスつけてもらうのに懸垂しなくちゃいけない。
そして容赦なく照りつける太陽。ああ、汗臭い。
だんだん無言になってく(笑)是非、恰好はどうでもいいTシャツにジーパンでどうぞ。
あたしは乾季だったからいいけど、雨季はきついだろうな・・・・。

でもねー下に見える牛が米粒(マメじゃないぞ、米)にしか見えない高さを、生身で滑空するってのはそれはそれは素晴らしい体験なので、コスタリカに行ったら是非おすすめ。あたしたちがやったやつは割とハードなものらしいので、他社のキャノピーならもっと楽なのもあるかも。
タバコン近くにもあったし、コスタリカ特有のアクティビティらしいから。

元は、生物学者がフィールドワークのために森から森を移動するのに使ってたもの。それをもっとハードにしたんだって。


ぐったり帰るころには夕暮れ。
次のナイトツアーが待ってる。ひえー。

でもこのナイトツアーではGreenVineSnakeが見られたよ!綺麗。
あとはキツネ的な哺乳類と、活発なナマケモノ。ここで見たのが一番よくわかったなー。身体がかゆいのかぼりぼりぼり掻いてた。

そしてタランチュラ!

「フラッシュはOK、でも絶対動くなよ」

と言われ、一列に並ぶ我々。

「彼女は振動で獲物を感知し襲うから」

それがこれ。

タランチュラ


「今から僕が彼女を巣から出してあげるよ、いい?くれぐれも動くなよ」

そしてガイドがとんとん、と巣穴のわきをたたくと




わさっ


かっこいいーーーーー!!!
ひえーかっこいい!
ふさふさ!脚太い!目が!目が!

あたしの手の平よりも大きいタランチュラがお目見え。
「何でSheってわかるの?」との質問に「身体の大きさだよ」って答えてた。
タランチュラはいわゆる蜘蛛の巣を張りません。待ち伏せ型なので、こういうところにひそんで、ねずみとか食べるんだよー。
かっこいいねえ。

以上、盛り沢山な15日でした。
/ 11:46 / 日常 / comments(0) / - /
あ!そうだ!
ロックの日に無事入籍したよ。つがいになりました。
みくしーでの報告で満足してた。
人妻ベニの乱れブログ、これからもよろしくね。
/ 12:33 / 日常 / comments(0) / - /
コスタリカ旅行2
 12日〜14日

12日の朝はOTSでガイドツアー。
背中におたまを背負ったイチゴヤドクガエルに出会える。
わーー本当におたまじゃくし背負うんだーと感動。
あとはわさわさペッカリー。
次から次とペッカリー。
もういいってくらいペッカリー。

※ペッカリー=雑ないのししって感じの生き物

この日の午後は移動日。
アレナル火山の近く、タバコンリゾートへ向かった。

ここでようやく新婚旅行丸出しのリゾート地へ!!

しかも2泊だぞー。わーい。

そう、スパリゾートです。

ちなみにオフィシャルWEBはここ。

ここ、何が凄いって、川が温泉になってるの。
何を言ってるかわからねえと思うが(以下略)

こんな感じ。これ全部温水。あったかいの。




水中は砂利や石なので、水辺用の脱げないゴムサンダル必須。
別のところにはもちろんいわゆるプール、ウォータースライダー付、プールバー付もある。
そこプールバーもいいのよー♪
水着で、カクテル飲みつつまったり。

夕飯はそこのビュッフェにしました。
いまいち、と聞いてたけど美味しかったなー。メキシコ料理だった。
部屋はそれはそれは素敵なお部屋で、窓からはアレナル火山も見えるの。
雲かかってたけど。
あとでナイトツアー一緒になったカナダ人の女性が、「わたし行ったときは晴れたのよ!ラッキーだったわ!」と言ってた。いいなあ。

私この日、水着無くしちゃったのー。しょんぼり。


13日
この日はめっちゃ早起きして、カニョネグロツアーへ。
ここはニカラグアとの国境の近くで、ボートに乗って川辺の動物たちを見ます。ねむううう。

ここではノドジロオマキザル、クモザル、カイマン、すっぽんみたいな亀、枝に擬態してる鳥、グリーンバシリスク、イグアナなどなど。




きれいですね。グリーンバシリスク。水の上走るんだぜ。

夕方4時くらいにホテルに戻ってきました。
わたくしぐったり。疲れやすいので、あとは温泉でまったり・・・のつもりでしたが、彼が「アカメアマガエルをちゃんと見てないよね」と。うむ、そういえばそうだね。ナイトツアーでちらっと見たけどね。「せっかく来たんだから、というかそのために来たんだから、途中にあったカエル園らしきところに行ってみよう」と誘ってくれる。
ナイトツアーは17:30から、しかも当日予約、っていうか一時間半前にふらっと行ってオッケーなの?というかこれ手配すんの、不自由な英語でって正直気が重い…。
でも、せっかく来たんだからってのは確かにそうだ、と思い、ホテルのフロントへ行って

「ここのナイトツアーに行きたいんだけど今から予約取れる?」

と聞くと

おじさん「おっけー、今から電話してやるよ!」「大丈夫だって!予約したぞ。で、タクシー呼んでやるよ。ここから15分で、5ドルだよ」

って、聞こえたと思ったんだよ、あたしは。
これがさ、逆だったの。

15分で5ドル、じゃなくて、15ドルで5分。

たけえ。
たけえよ。
しかもでっけータクシーなわけ。8人くらい乗れそうな。
そこに乗るの我々二人。

とはいえ、ここのリゾート滞在は食事も含め、何するにも割高だったのは確か。
ううむ。
ふっかけられた気もする。

でも、カエルやワニの園、ARENAL NATURA エコロジカルパークは最高でした。

HPはここ。

HPからして可愛い。



括目せよ!!!!



どーん!




どうだこの可愛さ!!!!!!

アカメアマガエル!!!

ふえあああああ可愛いーーーーーー。

触らせてくれたんだよおおおおおお。
しかも顔に乗せて写真も撮らせてくれたんだよおおおお。

ガイドの兄ちゃんは「カリブ海側のはブルーが入ってるけど、太平洋側のは入ってないんだよ」と言っていた。へえー。

内臓が透けて見えるグラスフロッグもここでは見られた。
目が円らで可愛いんだこれが。

あとは水中をゆったり泳ぐクロコダイルを眺めつつ、「ちょっと見てて」とガイドの兄ちゃん。
地面の砂利を握って、その水面へ投げ入れる。
すると、4.5メートルはあろうかというクロコダイルが水中から口開けてがばあ!!!!

こえええええええ。でけえええええ。かっこいいいいいい。

「とてもアグレッシブだよね☆」

ええ、ほんと。
カイマンは小ぶりでのーんとしてるんだけど、やっぱクロコダイルはすげえ。

ヘビはボアだったりGreenVineSnakeだったりが見られました。あとはエメラルドツリーパイソン、あと猛毒で知られてるアイラッシュバイパー!
マツゲハブですね、日本語だと。そのまま。
黄色できれい。でも毒えぐい。

そしてここではハキリアリの一大コロニーも見ることができます。
このアリは葉っぱを切って巣に持ち帰って、その葉っぱで菌育てて食糧にするの。農業をするアリ。
言うてもコスタリカではあちこちで見られます。通行の邪魔になるくらい。ホテルの敷地内とかでもせっせと葉っぱ運んでる。
でもコロニーが見られたのはここだけだった。
ちゃんとね新鮮な葉を持ち込む入口と、古くなった葉を捨てるゴミ捨て場があるの。賢い。

最初はしんどいなーと思ってたけど、いざ行ってみるとほんと楽しくて彼に感謝しまくり。旅は体力使うねえ。


14日
朝。空いてるタバコン温泉を堪能し、この日は完全に移動日。
モンテベルデへ!

ボートで1時間。
そしてバスに乗り換え。
道がもうすごい。
ぼっこぼこ。喋ると舌噛むくらいぼっこぼこ。これを3時間。

ようやく着いたころには夕方でした。

標高が高いせいか、少し肌寒いモンテベルデ。
部屋にチェックインすると、バスルーム、ベッドルームにロウソクが。
え、なんで?プレイ用?と思っていたら、夜10時。突然の停電。

ああ、そういうことね・・・・。

お湯が途中から水になったり、サラピキではお湯すら出なかったし、もう別段驚きもしないので、そのまま寝るかってことで就寝ー。
/ 22:48 / 日常 / comments(0) / - /
コスタリカ旅行1
 10日間行ってきました。新婚旅行です。

なぜコスタリカ?っていうかコスタリカってどこ?
はい、ええと、中米です。メキシコがすぼまっていってちまちまーっとした国がわちゃっとあるところ。そこです。
ここはすごいんだぜ、動物密度がめちゃ高い。世界中の生物の5パーセントがここにいる。
そして、ここにはアカメアマガエルがいるのだ。
あたしはこいつにずーーーっと会いたくて会いたくて震えていた。この子に会うのが夢だった。
生きた宝石である。
そこで、旦那さんには婚約前からずっと「コスタリカに行ってアカメに会いたい」「新婚旅行はコスタリカにしてください、お願いします」「結婚式披露宴?したくない。しなくていいです。それならアカメに会いたい」と言っていた。それはそれは優しい彼は「うん、行こうね」と割とゆるく二つ返事で了解してくれた。なんたらできた男性であろうか。
新婚旅行といえば、水上コテージで、花火がささったカクテルを飲みながら、天蓋付のベッドで熱い夜を過ごすのが定石であろうに、アカメアマガエルに会いたいという妻のよくわからない願いをするっと飲んでくれたのだ。

問題はここから。
エイビーロードなどといったパックツアーを探すも、アカメアマガエルに会わせてくれるツアーなどないのだ。ケツァールという世界一美しい鳥を探しに行くツアーはある。ナマケモノやウミガメもある。しかし、アカメやヤドクガエルに会わせてくれるパックツアーなどない。
ならば、オーダーメイドしかないじゃん。

そこでお願いしたのがゴジツアーズさん。

検索してもらうとわかるけど、いろんな方のブログにおけるコスタリカ旅行記では大抵出てくるお名前です。本当にお世話になりました。
ここじゃなきゃ、無理だったろうなということがいっぱいでした。感謝。


はてさて。


4月10日~11日
成田→ダラス

7時間 乗換待ち

ダラス→サンホセ

という、時差ぼけしまくりの初日でした。ねむう。
その日の午前11:00に日本発って、ダラス着いたらその日の午前9:00!13時間も飛行機ですごしてるのに時間戻ってる(日付変更線)
乗換待ちはラウンジでぐっすりでした。ギネス飲みながら。

コスタリカの首都サンホセには午後10:00頃だったかな。その日はもう気絶眠。

翌日はガイドさんと一緒にサラピキへ・・・・途中ストがあって道が寸断されてたりした。
サラピキではOTSという生物研究所に宿泊。
ここは研究施設なんですけど、観光客も泊まれるようになってます。

そこで!

シロヘラコウモリを見られました!!

ああああーーーこの子達を生で見られる凄さ伝わるかなああああああ。
すげーレアなんだよおおおおおお。
世界で唯一の白いコウモリ。ふわっふわ。もこもこ。夕方だったから、そろそろ起きる頃で、寝起きのしょぼしょぼした顔がまた可愛すぎた。


撮影:ベニトカゲ


もっとはっきり写ったやつとかはナショジオとかカラパイアでどうぞ。
こんな感じで、この旅は動物たちと戯れることがほぼメイン。

おなじく、サラピキのセルバベルデロッジでは、マダラヤドクガエル


そしてイチゴヤドクガエル


こいつらに関しては、その後ガンガン遭遇することになり、「はいはい、ヤドクヤドク」と流してしまうくらいに。
や、でも可愛いんだーーーー。
あとは世界一美しい蝶、モルフォ蝶(ブルーメタリックの羽で、優雅に飛ぶ)や、ハナグマ、ハチドリ、青いカメムシなどなど、もう原色バリバリの生き物たちの雨あられ!
楽しいーーーーー!

OTSのナイトツアーではようやくアカメアマガエルにも会えました!
でも写りがあまり良くなかったので、半野生のアカメの写真をまたのちほど・・・。
/ 23:26 / 日常 / comments(0) / - /
かたづけ
 CDを売るのが一番心苦しい・・・ミッシェルが特に。
彼も同じものを持ってるのよ。
音楽の趣味かなり近いから。
持ってるってわかってても、心苦しいわーーーー。

これ、売るかあああああ。えええええええ、ってなる(笑)
/ 15:40 / 日常 / comments(2) / - /
コスタリカに行ってました
新婚旅行としてコスタリカに行っていました。
現地の旅行会社さん曰く、新婚旅行にコスタリカを選ぶ夫婦は1年に一組くらいとのこと。
2013年は我々でした。

旅行についてはまた後ほど。
/ 19:17 / 日常 / comments(0) / - /
ご報告
こんばんは。
周囲の友人たちにはちょこちょこ言ってましたが、この度正式に婚約しましたので報告させてください。

先日、都内某有名ホテルの最上階のレストランで、プロポーズの言葉と共に、出来たばかりの婚約指輪をいただき、その後そことは別の、これまた某有名ホテルの最上階スイートルームで、一夜を過ごし、それはそれは感動的なひと時でした。

最初で最後のプロポーズ、彼のおかげで最高の思い出、忘れられない日となりました。

挙式披露宴はしませんが身内だけのフォトウェディングと食事会をする予定です。

細々とこのブログは続けていきますので、今後ともよろしくお願いします。


2013年3月某日
ベニトカゲ
/ 21:30 / 日常 / comments(0) / - /
 はあい、ようやくあいぽん5にしたわよ。
背面のシルバーが気に入って、今回はホワイト。
とりあえずあいちゅんのバックアップから復元するもアプリ全消。
ファッ!?
仕方ないので、ちまちまDLし直してたらまあ、中身は復帰してたし良かった。
魔王もなめこも手帳の中身も無事。基礎体温記録もちゃんと残ってた。
それにしても綺麗だなー。
デザインもそうだけど、画面もね、ほんと綺麗。
siriちゃんは楽しいし。

彼氏に教えてもらった衝撃保護フィルム、ラプソルがいいとのこと。
今はちょっと出費がかさんでいるのでもちっと後で買おう・・・。

/ 17:01 / 日常 / comments(2) / - /
5枚刃
 5枚刃剃刀すごいね。
一回でとぅるんってなる。
/ 22:32 / 日常 / comments(0) / - /
謹賀新年
あけましておめでとうございます。
年々、年賀状が減っていくベニトカゲでございます。
今年はお家で年越しでした。何年ぶりだ…。
CDJはドレスコーズと吉井とアルカラが31で、死ぬほど行きたかったですが、アウチ。
ま、私今年は色々動きそうですよ。
よろしくね。
/ 21:45 / 日常 / comments(2) / - /
<< 2/16PAGES >>