棺をまたいで漕ぎまくれ
■更新頻度低迷中
■でもなんだかんだ続けている
■幸せ
■ヘビ柄
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ / - / - / - /
<< 2013第31節11月10日「柏レイソル×サンフレッチェ広島」 / main / '13.12.7ドレスコーズ【More Pricks Than Kicks TOUR】@SHIBUYA-AX >>
2013J1第34節12月7日「鹿島アントラーズ×サンフレッチェ広島」

祝・2連覇
 
サンフレッチェ広島に関わるすべての皆様、おめでとうございます、そしてありがとうございます!
今年もこの台詞が書けることを幸せに思っています。
一度はその手を離れましたが、しっかり引き寄せたその勝負強さに脱帽でございます。毎年毎年主力を抜かれても、2連覇できるのです。資金力だけがサッカーじゃありません。奥深いですね。
リーグ終盤にさしかかった時の3連敗はさすがに心が折れそうでしたが、直樹の頼もしさ、めまぐるしいスピードで成長している塩谷、えぐいスペースにぬるっと出すそのパスセンスにこちらは濡れそうになる洋次郎、そして寿人の絶対的エース感を信じて応援することができたように思います。タフなチームだ…。

で、その最終節ですが、私は夫と某スポーツバーに出没。
現地行こうと思えば行けたけどそれはまた後ほど・・・・・。

見知らぬサポと話せたりして、やっぱりスポーツバー楽しいね。優勝決定後、半泣きで「お疲れっす!!」と握手を交わした広島サポのお兄さん元気かしら。このあと飲み会の幹事だったらしいけど(笑)ハーフタイムに「ま、後半見ておいてくださいよ」と不敵な笑みで去った横浜サポのお兄さんお疲れ様でした。

試合内容としては、ソッコはごめんなさいしなきゃねw直樹はキレキレだったね、寿人はちと苦しかったが一点目のつぶれ役すばらしかった。あの一点で、「優勝いける」と思いましたよ、ええ。しかもその時横浜が0−0でねー。バーの店内反対側では横浜戦やってて、悲鳴のような歓声のようなものが聞こえたときは肝を冷やしましたよ。中澤の悔しそうな顔が大写しにされ、得点したのがレナトだと知りました。
新潟と川崎さんありがとう(笑)


来季もどうぞよろしくお願いします。
しかしこれから、三つ目のタイトル、天皇杯も残っています。まだ締めるには早いですね。
元旦に国立、行きたいな。
/ 16:26 / 踊る蹴球 / comments(0) / - /
スポンサーサイト
/ 16:26 / - / - / - /
COMMENT