棺をまたいで漕ぎまくれ
■更新頻度低迷中
■でもなんだかんだ続けている
■幸せ
■ヘビ柄
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ / - / - / - /
<< ぼくまか3 / main / テリトリー >>
YOSHIICINEMAS
 吉井和哉がソロになって10年と言う節目に公開された映画。
といってもほぼLIVE中心で、映画館の大きな画面といい音で見られるのだ。

以降、ネタバレしているので閲覧注意。



 冒頭は点描のしくみをモチーフとした映画の予告編。予告編だけだけだよ、本編は作る予定無いみたい。吉井さんがタクシードライバー役で相武沙希と共演している。「あたしとヤリたくないの!?」って言われたあとの「っこの野郎・・・・!」が一番いい表情だった。

イエローモンキー関係はほぼゼロと言っていい。
メカラ8の写真がちらっと出たりソロになってからイエロ―モンキーの曲やってるのを途中まで見せたり。

あとはソロになってからの10年をLIVEやインタビューやで振り返る。
TALIやブラックホールん時の暗さが物凄い。もともと明るい人間じゃなさそうだけどどん底甚だしい。当時もリアルタイムで追ってたけど、こんなに落ちてたっけ?と思うくらい。らっせんじょふぉりふぉり♪CALLMEにおける喪服のようなブラックスーツは漆みたいな美しさだった。
ところで禁煙ってまだ続いてるの?一度失敗してたけど、去年夏にまた禁煙してるようなことを聞いた。
いやね、映画内の11月のLIVE映像見てたら、もんのすごーーく声が広がってて力強く感じて圧巻だった。聴かせるなあ。HEARTSが特に良かった。


ここからは完全に私的なこと。
音楽と私生活リンクさせるタイプの人間だけど、最近いい意味で動いてる。
TALI、当時聴いたときよりもずっとずっと良くて泣きそうになったよ。
幸せになるんだぞーって吉井が言ってるシーンがあって、そこでへへ、ニヤリ。
/ 16:46 / 音ネタ / comments(0) / - /
スポンサーサイト
/ 16:46 / - / - / - /
COMMENT