棺をまたいで漕ぎまくれ
■更新頻度低迷中
■でもなんだかんだ続けている
■幸せ
■ヘビ柄
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ / - / - / - /
<< 「花いちもんめ」浅川マキ / main / 箇条書日常・散漫な意識 >>
レイヴドライヴギャオ!【鉄コン筋クリート】
ハロー、クリスマスに本気で死ねると思ったベニさんです。
忙殺ってこのことかと思いました。
でも、今日はこれから6人のディナー予約が入ってます。
死ねってことかもしれません。

で。
先ごろ言ってました、鉄コン筋クリート@映画。
観てきましたです。
きったねー映画館で。



いやー、イイ!!(・∀・)
予想以上に良かった。すばらしく良かった。
まずは声優陣。
蒼井優のシロはよくまーこんなにぴったりだなってぐらいで可愛いの何の。
クロはまあ、うん。
くんくの沢田もくんくそのままの声なのに、ぴったりだし。
田中泯のネズミにはもー泣かされた。うん、マンガでも泣いたけど、映像で動いてたらまた泣いた。

「ともあれ、死ぬにはいい日だ」

ぐわー。

物語自体はマンガそのまま。
単行本3冊分をよくキレイにまとめた!
でかした!(何様)
でも、ちょっと物足りないのは大洋の茶目っ気が切られてた感。
くすって笑えるところがねー削られてたよ。そこは残念。
細かいとこ言ったら、キリないんだけどねー。
ただ、イタチとの葛藤シーンはわかりづらいかもしれない。
クロがイタチでイタチがクロだってのは。

で。映像。
アニメ技術ってのはここまで来たか、と。
鳥肌立つぐらい。
宝町の街並みが、日本のような香港のようなバリのようなインドのような・・・・その日本ぽいんだけど日本じゃなくて、新しいんだけど古い感じが見事に出てた。
あとクロシロの疾走感ね。
わくわくするのよね、電柱からクロが飛び降りる瞬間とかシロが走り回るところとか。

総じて、このマンガ好きは絶対観に行ったほうがいい!ってことです。心に沁みるねえ。


++名シーン++

ネズミにクロが死の予感を口にするところ。

「アンタ死ぬ。顔にそう書いてある」


そしてやっぱりラスト。
シロがクロに「おかえりぃ」
/ 15:33 / 耽溺映画 / comments(0) / trackbacks(2) /
スポンサーサイト
/ 15:33 / - / - / - /
COMMENT









Trackback URL
http://run-tmc-run.jugem.jp/trackback/298
TRACKBACK
1960年代のイギリス、ロンドン。暗黒街の帝王フレディ(デヴィッド・シューリス)に仕えていたギャングスター(ポール・ベタニー)は彼を心酔していたが、ある日フレディの前にカレン(サフロン・バロウズ)という女が現れ、ふたりが愛し合うようになっていったこと
/ ギャングスター・ナンバー1 / 1-kakaku.com / 2006/12/29 4:11 PM /
 あけましておめでとうございます。{/fine_face/}  今年もよろしくお願いしまっす。{/dogeza/}  てなわけで、新年1本目、  映画 「鉄コン筋クリート」     (マイケル・アリアス:監督/松本大洋:原作)  を観てきました {/onpu/}      宝町に住む2人
/ Ŵ?? / miyukichin’mu*me*mo* / 2007/01/01 6:12 PM /